So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2. 道具(AV機器) ブログトップ
前の10件 | -

「子ども映画会」について [2. 道具(AV機器)]

DSCF9591-20170218s.jpg
スクリーン SBSR-100PROG(KIKUCHI
【仕様】 サイズ:100インチ、手動巻き上げタイプ、幕面仕様:スーパーグレインビーズ190PROG
有効寸法:203.2 × 152.4cm、梱包時質量:約9kg

 昨年2月のblogで上の100"のスクリーン用のスタンドを製作したこと、そして今年4月のblogでプレゼンテーション用プロジェクタを EB-W420に更新したことを書きました。
 1990年代、ホームシアター熱」に罹患し、上の100"スクリーン、プロジェクター、AVアンプ、スピーカーを入手し、知人を招いて映画会を楽しみました。その延長で1990年代から2000年代にかけて居住する集合住宅の集会所で「子ども映画会」を開催しました。2000年代に入って「ホームシアター熱」は下がり、住処はAVサラウンドレシーバー AVR-550SD(DENON)を導入してそのドルビーバーチャルスピーカー機能を用いてそれまでの5.1chから2.1chに簡素化しました。

続きを読む


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ステレオカセットデッキとAM/FMチューナー内蔵 X-T90 (KENWOOD)のリモコンなどを発見 [2. 道具(AV機器)]

DSCF9604-20180827s.jpg

 マイクミキシング機能とUSBデジタル出力機能を付加したダブルカセットデッキW-1200(TEAC)が3月下旬に発売され、「カセットテープはまだ生きている!」と嬉しくなりました。
 以前のblogで紹介したステレオカセットデッキとAM/FMチューナー内蔵のX-T90 (KENWOOD;外形寸法:180W×305D×105H、重量:4kg、写真上)をアナログミキサーMJ100 (YAMAHA)とキーボード用のモニターKS35 (YAMAHA)と組合せ、今年も私が住む集合住宅の自治会の夏祭りで祭のお囃子を流して「夏祭りが始まるよ」のお知らせや祭の雰囲気を醸しだすBGMの用途に使用しました。夏祭りを開催の8月25日の最高気温は36℃で直射日光を受ける屋外での使用でしたが、不調になることもなく、最後まで活躍してくれました。そして夏祭りの片付けで集会所のマイクロフォンやケーブルなどの備品を整理していてX-T90のリモコンとAM放送用のアンテナを発見し、「ここにあったか (^_^)」になりました。
 X-T90はペアとなるAVサラウンドアンプのA-V90 (KENWOOD)と共に石丸電気2号店で特価販売されているのを見て、「作業部屋で・・」と入手したものです。AV機器の増からベッドサイドの使用となり、A-V90は(確か)1997年に音がでなくなり、CDチューナーアンプCR-70 (ONKYO)に更新となりました。そして正常に機能しているX-T90は「自治会活動で」で集会所が居場所となり、諸般の事情で再び、私の住処が保管場所となりました。AVシステムはLD、作業部屋、寝室の各室にあり、X-T90は保管だけで何ら問題はないのですが、「基本デザインを共通するプリメインアンプのA-M90 (KENWOOD)を探して組合せてあげたいなあ」という気持ちが・・。
 それにしてもX-T90をリモコンがなくても使用できていたのは、今日の機器のように「リモコンがないと操作できない」ではなく、「リモコンがなくても操作できる」という操作インターフェース設計によるものと実感です。

続きを読む


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DTH310R(ユニデン)をもう1台・・ [2. 道具(AV機器)]

DSCF3415-20180319s.jpg

 データ放送、双方向サービスに対応し、DLNAクライアント機能を装備し、SDカードスロットを装備してデジタルカメラの画像を閲覧できる地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーDTH310R(ユニデン)を入手したことを昨年7月のblogで書きました。現在、DTH310Rは先のblogで書いた27型ワイドパネルのKH275 (I・O DATA)*と組合せて使用しています。小型のテレビでフルHD(1920×1080画素)の解像度を見せてくれる製品は少なく、ほとんど1,366×768画素ですが**、フルHDのパネルを用いたPCモニターとDTH310Rを組み合わせればフルHDでテレビが見られます。そこで「DTH310Rをもう1台入手して・・」と良からぬアイディアが浮かび、Amazonで中古品をもう1台入手(写真上は動作確認のために2台のDTH310Rを置いた姿)してしまいました (^_^;

続きを読む


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BDP-Z1(SONY)を入手 [2. 道具(AV機器)]

DSCF3402-20180319s.jpg

 10.1V型ワイド(1024×600画素)のREGZA 防水対応ポータブルDVDプレーヤー SD-P100WP(TOSHIBA)を入手し、出先の家に持ち込んでTVチェックに使用していることを書きました(昨年8月のblog、9月のblog。出先の家はCATVでTVを受信でしたが、主がいなくなって契約を解除し、室内アンテナ端子は利用できません)。解像度に不満はないのですが、SD-P100WPを出先の作業部屋と寝室で移動して使うことに「面倒だなあ・・、もう1台、フルセグの見られるポータブルTVが欲しいなあ」になりました。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

REGZA 32ZP2の2画面表示 [2. 道具(AV機器)]

DSCF2670-20180222s.jpg

 「8年使い続けると「化けTV」になる?」と題したblogで2012年1月にLDのテレビを32ZP2(TOSHIBA)に更新したことを書きました。それから6年が経ち、通電時間は多くありませんが、現在もしっかりと働いてくれています。また、"Audiovisual Equipment notes - REGZA 32ZP2 and TVs -"と題するフリーの私の電子本の題材にもなってくれました。
 このテレビを選んだのはLDのニッチ部という置き場所に納まる32型で、フルHDパネル(1920×1080画素)、上の写真のように2画面表示できること、そして過去の購入歴から「テレビは東芝党」に近いことによります。
 オリンピックシーズンはNHK総合のニュースがオリンピック一色のような感じになり、「大切なニュースが伝えられていない」と施政者の「今のうちに」を感じてしまいます。そしてNHK BS1のワールドニュースと一緒に表示し、ワールドニュースの音声を流し、視聴しています。世界最大の石油埋蔵国であるベネズエラの窮状(子ども達が食事をとれないために成長が止まっていること;リンク先は関連する内容)が報じられ、「何ができるのだろう」と考えさせられています。

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

CDラジカセ TY-CDK5(TOSHIBA) [2. 道具(AV機器)]

DSCF0910-20171213.jpg

 出先の家(寝室として使用している部屋)でラジオや音楽を聴くため、CDレシーバーのR-K711(KENWOOD)を持ち込み、16cmの2ウェイのスピーカーSC-7.5(DENON)とスーパーウーファーSW-37HT(KENWOOD)を組み合わせていることを先のblogで書きました。
 その家の色々なものを整理していてCDラジカセTY-CDK5(TOSHIBA、写真上)が出てきました。10cmコーン型スピーカーでFM放送の音楽番組を楽しむには十分な音量(実用最大出力は2.5W+2.5W)・音質でリモコン操作ができるのが便利です。そこでCDラジカセを寝室としている部屋に置き、これまでベッドサイドで使用していたR-K711などの持ち込んだオーディオ機器(写真下)はGALANTのデスクを置いた部屋に移動しました。
 以前のblogでTVチェックに地デジ・ワンセグ内蔵のポータブルのDVDプレーヤー SD-P100WP(TOSHIBA)を使用していることを書きましたが、「もう少し大きいテレビを組み合わせて映像と音を楽しめるようになれば・・」と、また、悪い病気が・・ (^_^;

続きを読む


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

寝室のスピーカーにSC-7.5(DENON)を使って・・ [2. 道具(AV機器)]

DSCF0459-20171124s.jpg

 寝室のオーディオシステムのスピーカーとしてSC-E717(DENON;写真上左。石丸電気つくば店で1997年10月入手)を使っています。このスピーカーシステムは、背中合わせに2つのスピーカー(ウーファー)を配置するP.P.D.D.(Push-Pull Dual Driver)Serial方式を採用することで各スピーカーの非直線性分を打ち消しあう方向に振幅させてスピーカー駆動時に発生する高調波歪を低減し、スピーカーキャビネットの最適化設計でスピーカーの位相干渉による音圧周波数特性のピーク・ディップの防止を特徴としています。スピーカーの存在を主張しないサイズが主な選定の理由でしたが、サイズの割りに低音が豊かに感じ、特徴で解説のように優等生的な音にも惹かれました。
 先のblogのようにエッジを交換して復活した2セットあるSC-7.5(DENON;写真上右。石丸電気2号館で1992年2月、1993年12月に購入)の1セットを出先の住居へ持ちこみ、JAZZのCDをライブ感のある音で聴けるようになりました。そこで「寝室のSC-E717SC-7.5にしたら」となり、CDレシーバーのR-K731 (KENWOOD)に残りの1セットのSC-7.5を接続しました。
 出先の家で聴いたのと同様、SC-7.5でジャズを聴いて楽しくなりました(平均出力音圧レベルは余り変わらない両スピーカーですが、実際に鳴らしてみるとSC-7.5の方が音が前にでてきて音量が大きく感じます)。ただ、ベッドで横になってSC-7.5の音を聴くと眼が覚めてしまう感じで、子守唄のようにはなりません。「やはり・・」ですが、SC-E717に戻しました。

続きを読む


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SC-7.5(DENON)+ SW-37HT(KENWOOD) [2. 道具(AV機器)]

DSCF0272-20171122s.jpg

 出先の家でラジオや音楽を聴くため、CDレシーバーのR-K711 (KENWOOD)と12cmウーファーの2ウェイのSC-5.5(DENON)を持ち込み、さらにスーパーウーファーのSW-37HT(KENWOOD)を持ち込んだことを先のblogで書きました。
 私の住処には以前のblogのようにエッジを交換したSC-7.5(DENON;16cmコーン形ウーファー + G-Bホーンツィーター の2ウェイ)が2セット休眠しています(AVシステム用として石丸電気2号館で1992年2月に1セット購入、そして同じく石丸電気で安価に販売されていたことから1993年12月に1セット追加購入したもの)。そこでエスカレートしてSC-7.5をついに持ち込んでしまいました。
 出先の家にあったGerry MulliganのCDを再生したところ、ライブ感のあるJazzの音を聴かせてくれます。1992年にSC-7.5を購入時、他のスピーカーと比較試聴し、ヨーロピアン・サウンドといわれる渋めのデノンの音ですが、G-Bホーンツィーターの効果か、音の抜けの良さが気に入ったことを思い出しました。また、SW-37HTをPOWER OFFの状態でもそれなりの低音を聴かせてくれますが、SW-37HTをPOWER ONにするとウッドベースの音が量感のあるものとなり、ライブ感が増します。
 SC-5.5SC-7.5にかなわないのは当然ですが、オーディオシステムは良い音を求めて機器充実にエスカレートすることを思い出しました (^_^;

続きを読む


nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2ウェイ・スピーカーシステム D-112EXT(ONKYO) [2. 道具(AV機器)]

D-112EXT.jpg

 11月22日、ヨドバシAkibaに立ち寄り、オーディオ機器のアウトレットコーナーでD-112EXT(ONKYO)が「現品限り・箱入り有り」として17,900円で売られているのが眼に入りました。渋い外観がつい気になってスマートフォンで仕様を調べ、N-OMFウーファーなどの様々な特徴にさらに気になりましたが、定格感度レベル 84dB/W/mに冷静さを取り戻しました(現在、非力なCDレシーバしか使っていませんので・・ (^_^; )。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SD-P100WPのTV音声をR-K711経由で出力 [2. 道具(AV機器)]

DSCF8353-20171016.JPG

 出先でのTVチェックに活用している地デジ・ワンセグ内蔵のポータブルのDVDプレーヤー SD-P100WP(TOSHIBA)をCDレシーバーR-K711 (KENWOOD)と付属の専用AVケーブル(ミニピンAVケーブル)で接続し、DVDを楽しめることを以前のblogで書きました。また、 SD-P100WPをTVとして使用時はAV出力端子から音声信号は出力されないことを書きました。
 「ヘッドホーン出力端子とピンプラグ入力端子を接続するオーディオケーブルを使えばSD-P100WPのTVの音声もR-K711に接続したスピーカーで聞ける」、「SD-P100WPのヘッドホーン出力端子は蓋の奥にあり、細身の小型プラグタイプのステレオミニプラグでないと納まらない」で、出先の近くにある家電量販店で物色しました。そしてCN-MP150-B(JVC;1.5m長、ブラック)を見付け、購入してきました(本当は1m長のCN-MP100-Bが欲しかったのですが、店頭にありませんでした)。
 早速、このケーブルでSD-P100WPのヘッドホーン出力端子とR-K711のAUX端子を接続し、SD-P100WPのTV音声もR-K711に接続したスピーカーから「ながら聞き」の目的には充分な音質・音量で聞けることを確認しました。そしてDVDを再生する場合、CN-MP100-Bのボリュームを最大としてヘッドホーン出力端子経由で接続するより、専用AVケーブルの方が大きな音量が得られることを確認しました。
 SD-P100WPで例えばNHK Eテレのクラシック音楽館などを楽しむ場合は今回入手したAVケーブル、そしてDVDを楽しむ場合は付属の専用AVケーブルを使い分けることにしました。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 2. 道具(AV機器) ブログトップ