So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「哲学の庭」(中野区立哲学堂公園) [日本の風景]

DSCF0698-20180603s.jpg

 先のblog中野区立哲学堂公園へ古建築を見るために訪れたことを書きましたが、公園内の「哲学の庭」の彫像群を見ることも楽しみにしていました。
 「「哲学の庭」は宗教・哲学・法を代表する人がそれぞれ同心円上に配置されており、世界の異なった場所の人々が、より相手に近づくことが出来るようになるためには、プラス・マイナス(±1)の原点に返ることが必要という作者ワグナー・ナンドールの考えが反映されています」とのことです。そして2009年に日本とハンガリー外交関係 開設140年・国交回復50周年の記念事業の一環として中野区に寄贈されたもので、ハンガリーの首都ブダペストにも設置されているとのことです。
 「哲学の庭」については「梅林区域の哲学の庭周辺での撮影は禁止です。なお、出版及び放送等を目的とする撮影の場合は、事前連絡をし、許可を受けることが必要となります。」とされています。上の写真は哲学堂公園側から妙正寺川越しに見た「哲学の庭」の遠景です。リンク先のWebサイトを見て関心をもたれたらお出かけください。
 以下は哲学堂公園側の気になる灯籠です。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中野区立哲学堂公園の古建築物 [旧い建築物]

DSCF5252-20180603s.jpg

 旧い建物を見ることは私の趣味のひとつです。中野区立哲学堂公園旧い建物(リンク先に解説あり)が建っていることを知り、中野区有形文化財にも指定されていることから「見に行きたいなあ」と考えていました。そして先のblogのように山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館を見た後、新青梅街道沿いの歩道を歩いて中野区立哲学堂公園へ行きました。
 毎月第一日曜日に旧い建物を公開と事前に調べたのですが、公開の時間が午後3時までであることを現地の事務所で聞いて「ちゃんと調べておけば・・」と反省となりました。なお、絶対城・三学亭の修復工事が7月下旬までの予定で行なわれていることから、「工事が完了した時期にもう一度・・」です。

続きを読む


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー