So-net無料ブログ作成
検索選択

IKEAで購入した家具など [2. 道具(その他)]

DSCF2187-20170322s.jpg

 IKEA 船橋(現IKEA Tokyo-Bay;写真上)が開業したのは2006年4月24日でもうすぐ11年となります。IKEA 船橋が開業してしばらくは2階の展示スペース「ルームセット」は家具の数が抑えられ、北欧の文化のようなものが感じられ、IKEAへ行く楽しみのひとつでした。しかし、現在の「ルームセット」はたくさんの家具が置かれて「日本の住居化」し、「売る側としてはたくさん商品を置きたいのはわかるけど・・」です。私の住処の近くにIKEA新三郷が2008年11月19日に開業してIKEA 船橋へ行くことは少なくなりました。
 IKEAの家具は「組立をDIYで行なうことで価格を抑えたもの」が多くあります。「自分で組み立てる」というのは「一般の人でも組み立てられるように設計されている」ともいえ、その構造によっては改造も可能になります。そして価格が手頃なことで「失敗しても」が平気ででき、以前のblogで紹介のように限られた寸法にMALM チェストを3台置くために1台の幅を狭くする改造などをしています。
 気になっていた製品がいつのまにかなくなっていることがありますが、次の「NEW 500点以上の新商品が入荷します!」というIKEA Tokyo-Bayの店内のポスターを見て「500点の旧商品が廃番になったの?」です(セールで安く販売の商品は近々、モデルチェンジ、あるいは廃番で在庫整理が目的の可能性が高いというのが、私の経験知・・)。
 家族などの幸せな顔を見ることができるため、用もないのにIKEAへ行き、「アウトレットで出物に遭遇した」などを含めて次のように色々と入手してきました。

続きを読む


穴八幡宮(早稲田) [日本の風景]

DSCF2850-20170411s.jpg

 4月11日、早稲田へ行きましたが、穴八幡宮内を少し散歩しました。雨のために境内に桜の花が散っていました。

続きを読む


スコットホール(公益財団法人 早稲田奉仕園) 他 [旧い建築物]

DSCF2813-20170411s.jpg

 一緒に学んでいた知人から約20年前、W.M.ヴォーリズと彼の設計による建物について教えられました。そして今頃になって早稲田駅の近くの公益財団法人 早稲田奉仕園スコットホール(1999年に「東京都歴史的建造物*に選定)がウィリアム・メレル・ヴォーリズ建築事務所の設計原案に基づき、早稲田大学の内藤多仲教授研究室が施工監理を行い、同研究室の今井兼次助教授が設計を完成させ、1922年に竣工した建物であることを知りました。そこで木組み博物館の見学の後、近いこともあって早稲田奉仕園へ行きました。
 今回は短時間の滞在となりましたが、「(後述の)「アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館(wam)」の見学とあわせて、あるいは早稲田スコットホールギャラリーで展示会が開催時に、また、こよう」です。

続きを読む


木組み博物館(新宿ミニ博物館) [展示会、セミナー、博物館等]

DSCF2768-20170411s.jpg

 以前のblogで新木場駅近くの木材・合板博物館へいったことを書きました。「早稲田へいった際に、まだ、見ていない博物館などがあれば見に行こう」と考え、Web検索していて木組み博物館穴八幡宮の近く(早稲田駅から徒歩5分)にあることを知りました。
 木組み博物館は「当館では仕口や継手などの模型に加え、昭和の宮大工の大棟梁西岡常一のもと、再建工事に携わった宮大工棟梁の制作による「薬師寺三重塔(西塔)」初重斗組み部分の大型模型など常時約30点を展示し、実際に手に触れ、その素晴らしさを感じていただけます。」とされる個人で運営される2015年11月3日開館の博物館で、新宿区のWebサイトの2016年1月25日の記事新宿ミニ博物館* の第8号館に登録されているのを知りました。開館日は火・水・木曜日10:00~16:00で、4月11日、少し早めに早稲田へ行き、15:30頃から見学しました。
 様々な木組みが展示され、博物館をつくられた館長でもある谷川一雄氏の説明を伺いながら、実際に手で触れて構造を確認し、以前のblogで書いた法隆寺iセンター宮大工棟梁「西岡常一の世界」の展示や入手した西岡常一・青山茂著『斑鳩の匠宮大工三代』(1977年、徳間書店)のことを思い出しました。様々な木組みが展示され、閉館時間間際の入館だったため、一部しか木組みの構造を確認することしかできませんでしたが、「今度、1時間の見学時間をとってまた来よう」になりました。
 伝統木造建築について紹介する博物館は少ないことから、この分野にご関心ある方に是非、お勧めしたい博物館です。
 なお、4月22日(土)14:00から木組みの森劇場 第3回「日本昔話 ももたろう 」他が開催されます。お子さん、そして大人も楽しめるようです。

続きを読む


『パプアニューギニアとの出会い』(3月22日~4月25日、早稲田大学125記念室)他 [展示会、セミナー、博物館等]

DSCF2783-20170411s.jpg

 3月のblogで時間の制約から早稲田大学の會津八一記念博物館の富岡重憲コレクション展示室で開催の『茶の道具』(3月1日~4月28日)だけ見たことを書きましたが、再び、早稲田大学にやってきたことから前回、見られなかった展示を見ました。

■ 125記念室
 26号館の10階の125記念室で開催の『パプアニューギニアとの出会い』(3月22日~4月25日)、パプアニューギニアへ侵入した人々の影響を考えながら、とても勉強になりました。
 なお、4月17日(月) 16:30〜18:00(開場は10分前)、早稲田大学3号館302教室で高橋龍三郎教授(早稲田大学文学学術院)による本展の記念講演会が開催されます。入場無料、申込不要で「当日会場までお越しください」とのことです。

続きを読む


DELL Precision T1700 MTに組合せるSSDと取付けについて [2. 道具(PC)]

DSCF2491-20170401s.jpg

 新しく導入のPCとしてDELL Precision T1700 MTを選んだのは先のblogのように「ミニタワーであればSSDをHDDに追加して収納できるだろう」がありました。そしてPrecision T1700 MTの到着前に秋葉原でSanDisk Ultra II 240GBを購入しました。
 ふと、LaVie Light BL350/CW6のSSD化Windows 10へのアップグレードに使用し、「やはりこのネットPCにはWindows 7が使いやすい」でWindows 7に戻した際に、予備品としたWindows 10を入れたSSDのSamsung SSD 250GB 850 EVOがあることを思い出しました (^_^;
 「2つのSSDを比較したレビューはないかな」とWeb検索したところ、UserBenchmarkのWebサイトで見つけました。その内容はSamsung SSD 250GB 850 EVOの優位を示すもので、「LaVie Light BL350/CW6をWindows 10として使うことはないし、Samsung SSD 250GB 850 EVOをPrecision T1700 MTに使用しよう」となりました(「SanDisk Ultra II 240GBを購入する前に調べていれば」と良心様の声・・)。


続きを読む


NASA Image and Video Library [宇宙]

images-nasa.jpg

"NASA Image and Video Library allows users to search, discover and download a treasure trove of more than 140,000 NASA images, videos and audio files from across the agency’s many missions in aeronautics, astrophysics, Earth science, human spaceflight, and more. "としてNASAの素晴しいビデオなどが3月29日に公開されました。
 宇宙好きの方、是非、ご利用ください。

続きを読む


POÄNG アームチェアと フットスツールの固定ネジの増し締め [2. 道具(その他)]

DSCF0841-20170301.jpg

 以前のblogでIKEAのPOÄNG アームチェアとフットスツールについて書きました。アームチェアに座って横方向のガタツキがでてきたことに気付きました。「木の乾燥収縮でねじが緩んだな」で道具箱からヘキサゴンレンチを取り出し、緩みを確認したところ、思ったとおりでした。そこでアームチェアとフットスツールの全ての固定ネジを増し締めしました。

続きを読む


科学技術週間(4月17~23日) [科学技術とジャーナリズム]

DSCF2728-20170409s.jpg

 科学の街 つくば 筑波研究学園都市 第58回科学技術週間一般公開『平成29年度研究機関一般公開総合ガイド』をいつも利用するTX南流山駅で先日、頂戴してきました。「まだ、見たことのない研究機関は」とチェックしています。
 今年の科学技術週間は4月17~23日です。

続きを読む


デジタルカメラとの約20年を振り返って [2. 道具(カメラ)]

 私が最初に使ったデジタルカメラは勤務先のDC40 Zoom(KODAK)だったと記憶しています。そして初めて入手したデジタルカメラは特価販売されていたKXL-600A(Panasonic, 1997年発売)でした。デザインは米国で使ったら命の危険もあると考えられる小型ガンと誤解されるもので、撮影してみて「よくこんな画質の製品を市場に出したなあ・・(怒)」で即、お蔵入りとなりました。次に入手したのはFinePix 700(Fujifilm;1998年発売)の限定版の黒で、価格がこなれた1999年になってからでした。FinePix F300EXR Maniac(2011年発行)の「APPENDIX 1: デジタルカメラ遍歴」でFinePix 700 (FUJIFILM) からFinePix F300EXRまでのデジタルカメラについて書きましたが、使い勝手の面からFinePix 700がフィルム式のコンパクトカメラに置き換わることはありませんでした。
 「FUJIFILMのデジタルカメラ使用歴」をblogの中で書きましたが、その延長で2001年から購入したカメラを年別に以下にまとめてみました(備考:◎:現在も保有、SH: second hand)。これより、2003年から毎年1台入手していて、2012~2014年は購入台数が多かったことがわかりました(先のblogで平成28年度はデジタルカメラを購入していないと書きましたが、FUJIFILM XQ2を2016年3月に購入していて年と年度の区切りの差によります)。


2001年:
 COOLPIX 950(1/2 型、総画素数 211 万画素、35mm判換算38~115mm、F2.6~F4)の発売は1999年3月ですが、私の入手したのは流通価格がこなれてきた2001年になってからでした。私の使用の主目的は記録でこのカメラによって「デジタルカメラを使っていこう」と踏ん切りがつきました。なお、撮影条件によってフィルム式のカメラも並行しての使用で、デジタルカメラに完全に移行したのはPENTAX K-7を入手してからでした。

e950-sl1.jpg
COOLPIX 950(Nikon)


続きを読む