So-net無料ブログ作成
本と映像・音楽の話 ブログトップ
前の10件 | -

「ヒロシマ・ノート」と「爆心地ヒロシマに入る」 [本と映像・音楽の話]

DSCF6120-20180623s.jpg

 先のblogのように小宮山書店で6月2日にまとめ買いした本の読書の記の続きです。
 1冊は大江健三郎氏が執筆して30歳の時に出版された「ヒロシマ・ノート」(1965年、岩波新書)*です。1963年に広島に訪れた著者がその後も広島に訪れ、原爆で被爆された方達のことについて書かれながら当時の時代を切り取る内容となっています(私は本書のことを知りながら、これまで読む勇気がありませんでした)。読みながら「本書が出版された当時から50年以上経った今日が進歩したか?」と考えると寂しい気持ちになりました。
 もう1冊は林重男氏の「爆心地ヒロシマに入る カメラマンは何を見たか」(1992年、岩波ジュニア新書)です。著者は原子爆弾災害調査団に加わり、1945年10月1~10日の間、広島の被爆状況の撮影を行い、続いて10月12~22日の間、長崎の被爆状況の撮影を行ないました。これらが本書の中心的な内容となっています。また、著者の戦時中のカメラマンとしての活動、原爆の被害を撮影された原爆カメラマンとされる方々のこと、1973年にアメリカから返還された原爆関係の資料(写真などを含む)に関する内容も記載されていて1945年の敗戦の影響が続いていたことを認識させられました。岩波ジュニア新書ですが、大人にも勧められる内容です。

*:最近の岩波新書より文字が多いかなと思って確認したら、1行42文字は同じですが、今日は1ページ16行なのが17行ありました。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Interop Tokyo 2018でO'Reilly の本を2冊入手 [本と映像・音楽の話]

DSCF5911-20180617s.jpg

Interop Tokyo 2018 (6月13~15日、幕張メッセ)の最終日に会場へいきました。そして「蛍の光」の流れる中、オライリー・ジャパンのブースで「2冊で1,000円」と表示された段ボール箱があるのに気付き、物色し、"Head First Android Development - A Brain-Friendly Guide"と"Android Cookbook"を購入しました。
 前者は887ページ、後者は747ページで2冊合わせて3kg弱(住処に帰っての実測)。本の厚さと「Androidのプログラミングを少し、勉強しなければ」、そして価格につられての購入でしたが、「Interop Tokyo 2018に来て良かった」と思う一方、「また、積読が増えるのでは」という懸念が ・・ (^_^;

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Pat Metheny Group : "Last Train Home" [本と映像・音楽の話]

DSCF5910-20180617s.jpg

 Pat Methenyは私の好きなミュージシャンであることを以前のblogでも書きました。
 6月16日午後3時45分頃に愛車に乗り、「FMラジオを聞こう」とPOWER ONしたら私の好きなPat Metheny Group"Last Train Home"が流れてきました。曲が終わり、番組が「アニソン・アカデミー」であることを知り、「この曲が、なぜ、アニメの番組で?」となりました。
 住処に帰ってWeb検索して、TVアニメの「ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダーズ エジプト編」(2015年)で"Last Train Home"が使われたことがわかりました。テレビのアニメを見なくなってかなりの年月が経ちますが、同じ曲を聴いても思い出すものが違う世の中になっていることに気付かされました (^_^;

続きを読む


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

柳川範之(著)『独学という道もある』 [本と映像・音楽の話]

DSCF5437-20180603s.jpg

 6月2日、国立新美術館へ行く前、「神田神保町の古書店街へ行きたい!」で立ち寄りました。そして明倫館書店小宮山書店で18冊入手しました(下の写真は小宮山書店の前の平置き棚に「1冊100円」で売られていた15冊の新書や文庫。「この本、持っているけれど」、「Kindle本で持っているけれど」もありましたが、「誰かにあげても・・」で購入しました)。
 上の柳川範之 (著)『独学という道もある』(2009年、ちくまプリマー新書)は小宮山書店で売られていた1冊です。先のblogのように6月3日、山﨑記念中野区立歴史民俗資料館などへ行った際の往復の電車の中で一部斜め読みでしたが、一気に読んでしまいました。
 「学びたい」という気持ちを持ち続けることが大切なことに改めて気付かされました。

続きを読む


nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東京カテドラル聖マリア大聖堂でパイプオルガンの演奏を聴く [本と映像・音楽の話]

DSCF0820-20180608s.jpg

 1964年に建設の東京カテドラル聖マリア大聖堂は丹下健三氏の設計であることは知っていますが、今まで行ったことはありませんでした(四谷の聖イグナチオ教会へは現在の新聖堂となる前、建物への関心から行ったことがありましたが)。毎月1回「オルガンメディテーション」が開催されることを知り、「パイプオルガンの演奏を聴きにいきたいなあ」になりました。そして6月8日、カトリック東京カテドラル関口教会へ行きました。
 演奏の小一時間前に聖堂に入り内部の状況を建築的関心から見ました。大聖堂の中にはミケランジェロのレプリカのピエタの像があり、見入ってしまいました。そしてパイプオルガンのチューニングされている状況を聞き、「パイプオルガンはその構造から気温によって音の高さが変わるけれど、どのように対応しているのかな」と考えていた疑問が解けました。そして上方から降ってくるようなパイプオルガンの音に「やはり住処でオーディオ装置で聴く、パイプオルガンの音と違うなあ」になりました。
 会場にはパイプいすも100脚ほど、追加され、400名ほどの方が集まられていたようです。主任司祭の西川哲彌氏の言葉に続いて聖堂に集まった方々が祈りの言葉を発するなど、(無宗教を自認していますが)普段の生活と異なる特別な時間を過すことができました。
 東京カテドラル聖マリア大聖堂は2006年12月~2007年9月に外装とトップライトが全面改修されたとのことです。Webサイトを検索していて「東京カテドラル聖マリア大聖堂の構造設計」という文献を見つけることができました。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「ラジオライフ」(2018年6月号)の特集と付録 [本と映像・音楽の話]

DSCF4472-20180430s.jpg

 以前のblog「ドライブレコーダー完全ガイド」(マガジンボックス)を入手したことを書きましたが、肝心のドライブレコーダーは、まだ、未購入です。
 書店で「ラジオライフ」(2018年6月号)の表紙の「交通トラブル徹底対策」そして付録の「高速&一般道路オービスマップ2018」が目に入りました。付録から「よく通るルートのオービスの設置位置の確認を・・ (^_^; 」が主目的なのですが、ページを開いたらドライブレコーダの機種紹介がされていて「この本も参考にドライブレコーダを選ぼう」で「ラジオライフ」を購入しました。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久し振りに「デイパックが重い」量の本を入手 [本と映像・音楽の話]

DSCF4475-20180430s.jpg

 就職し、それまで学んできた専門以外の分野について学ぶ必要が何度も生じ、書店で新本を入手する財政的余裕がなかったことから、神田神保町の古書店街、特に工学関係の専門書を多数取り扱う明倫館書店に何度もお世話になりました。また、お茶の水駅近くで約1年、仕事をしていたこともあり、当時と大きく変わってしまいましたが、神田神保町の古書店街へいくことは「故郷に帰る」というような気持ちになります。
 品質工学会編「品質工学便覧」(2007、日刊工業新聞社)の出物を探しに明倫館書店へ4月30日 15:30頃に到着しました。目的の本はありませんでしたが、隣の大雲堂書店で「空気の階段を登れ 黎明期にはばたいた民間飛行家たち」を見つけ、購入、そして5店を巡り、久し振りに「デイパックが重い」量となる17冊の本を入手しました(新書の1冊は「以前、読んだ記憶が」でしたが、100円だったこともあり、「念のために」で)。「インターネットの普及で本の検索は楽になったけれど、競馬馬のように検索キーに関連する本しか見つけられず、全く関係ないけれど私の好奇心を刺激する本は教えてくれない。書店、あるいは古書店街めぐりして実際に本を手にすることは思いもかけない本と巡り合う楽しみがあり、やめられない」です(→「積読だけでなく、ちゃんと読みなさいよ」と良心様の声・・ (^_^; )
 以下、各古書店で入手した本の記録です。

続きを読む


nice!(15)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「理系思考」 [本と映像・音楽の話]

DSCF3459-20180326s.jpg

 先のblogあゆみBOOKS早稲田店のアウトレット本のコーナーで見つけたアントワーヌ・バルジー二 (著)「アーティストのための形態学ノート ―人体表現に生命を吹き込む」(2017/6/30、青幻舎)を入手したことを書きました。同コーナーで元村有希子*(著)「理系思考」(2007/10/27、毎日新聞社)も入手し、帰りの地下鉄の中で早速、読み始めました。この本は毎日新聞のコラム「発信箱」に書かれたものを新聞掲載時のまま、そして書ききれなかったものをエッセイとして加えたものとのことです。読みながら「そうだ、そうだ」とか、「こういう考え方もあるのか」、そして「この本が書かれた10年前と現在を比較したら・・」などと考えさせられました。「短い読み物であるコラムを集めたものだからできる読み方かな」です。
 本blogを書くのにamazon.co.jpの「理系思考」のカスタマーレビューを見たら女性蔑視を伺わせる偏見に満ちたもの(例えば「とりあえず,男の記者がこの程度の文章を書いたとしてもぜったい単行本などにはならなかったと思う。」という表現)や陰湿な「いじめ」を感じさせるものが並んでいてやりきれない気分になりました。
 Amazon.co.jpは「カスタマーレビューについて」のなかで「健全なコミュニティを維持するために、カスタマーレビューの参加条件を含むガイドラインを設けています。」とし、カスタマーレビューを投稿する上での「コミュニティガイドライン」の中で、「誹謗、中傷、いやがらせ、脅迫、扇動、卑猥、わいせつ、またはみだらな内容投稿は禁止です。たとえば、卑猥またはみだら言葉を使うこと、人種、民族、国籍、性別や性同一性、宗教、性的指向、年齢、または障害に対する憎悪や偏見を表現することは禁止です。なお、このような憎悪や偏見を持つ組織に賛同する内容も含みます。」としています。これが実際のカスタマーレビューに対して機能していないのが残念です(「違反の報告」により改善されますように・・)。

続きを読む


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「アーティストのための形態学ノート」、早稲田大学歴史館 [本と映像・音楽の話]

DSCF3289-20180314s.jpg

 3月13日、早稲田大学メディア文化研究所のメディアの将来像を考える会の 「スマホ時代の情報の浴び方」(スマートニュース・松浦茂樹氏)を聴講するために早稲田大学へ行きました。その帰り、あゆみBOOKS早稲田店に立ち寄り、コンピュータ関係の本を見ようとしたところ、その隣にアウトレット本のコーナーがありました。気になって並んだ本を見たところ、アントワーヌ・バルジー二 (著)「アーティストのための形態学ノート ―人体表現に生命を吹き込む」(2017/6/30、青幻舎)が3,800円(税別)のところ、1,900円で売られていました。以前のblogで人体のしくみに関する本の蔵書状況を写真で紹介しましたが、「アーティストのための形態学ノート」は骨の構造から解説されていてわかりやすく、本の増殖は抑えなければいけないのですが、我慢できず、入手してしまいました (^_^;

 絵を描くのが好きだった小・中学生の時の夢のひとつが画家になることだったのを思い出しました。「余程、才能がないと飯を食えないだろうなあ」という醒めた私もいて「夢」だけで終わりましたが・・

続きを読む


nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

荒石 誠 著「破産のススメ」 [本と映像・音楽の話]

hasan-no-susume.jpg

 先日、ある会で「破産のススメ」を執筆された荒石 誠氏とお会いする機会を得ました。そしてこの本を「走り読み」という感じですが、読みました。淡々と破産への決断とその処理の過程を執筆されていて、追い詰められて「破産 ⇒ 死」という心境に陥りそうな方々に「生きていくことが最も大切」、「生きていくためにこのような道がある」ということを知っていただくために是非、読んで欲しいという気持ちになりました。
 昨年のblogで亡くなった親族が庭師をしていたことを書きましたが、著者も親族の関係から造園業を営むことになったことを書かれていて、日本の造園業のおかれた厳しい状況について考えさせられました。
 「破産のススメ」Kindle版で、あるいはオンデマンド(ペーパーバック)で読むことができます。

続きを読む


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 本と映像・音楽の話 ブログトップ