So-net無料ブログ作成
検索選択
2. 道具(AV機器) ブログトップ
前の10件 | -

スクリーンスタンドの製作 [2. 道具(AV機器)]

DSCF9591-20170218s.jpg

 以前のblogでボランティア活動の勉強会で私のプロジェクターとスクリーン SBSR-100PROG(サイズ:100インチ、手動巻き上げタイプ、幕面仕様:スーパーグレインビーズ190PROG、有効寸法:203.2 × 152.4cm、梱包時質量:約9kg、KIKUCHI)を使用し、スクリーンスタンドの必要性を感じました。そして自作を検討したのですが、「喉元過ぎれば・・」で放置していました。それから約1年、また、勉強会でスクリーンを使用することになり、スクリーンスタンドの製作にとりかかりました。

続きを読む


ポータブルハードディスクCANVIO BASICS (TOSHIBA) [2. 道具(AV機器)]

DSCF6961-20170102s.jpg

 1月1日、NHK BSプレミアムで映画が連続して放送されました。住処のTVのREGZA 32ZP2 (TOSHIBA)に組合せているHDDの残り記憶容量が少なくなっていることから、予備品として入手していたTOSHIBAのCANVIO[トレードマーク] BASICS ポータブルハードディスクHD-AA10を取り出してきて接続し、対応しました。録画してもちょっと見して「私の見たい映画と違う」でそれ以上、見ないものが多いのですが・・。
 本blogより現在使用のTVのREGZA 32ZP2が住処にやってきてもう5年経つのを確認しました。以前使用のHDD & DVDレコーダーのRD-XD91(TOSHIBA)はREGZA対応のHDDブルーレイディスクプレーヤーライター DBP-R500(TOSHIBA)の組合せに代わりました。保管棚に入ったVTRのA-SB88 (TOSHIBA)を見ながら「もうテープの時代では・・」、「動くかな・・」です(テープで記録したコンテンツの保存を真剣に考えねばいけないのですが)。
 "REGZA 32ZP2 & TVs note"で書いたようにテレビは準「東芝党」であることを認識しています。掃除機も(東芝の製品)です。現在の東芝、寂しいものがあります。

続きを読む


「東京インターナショナルオーディオショウ 2016」(2016年9月30日~10月2日、東京国際フォーラム) [2. 道具(AV機器)]

TIAS_20160803.jpg

 東京国際フォーラムのイベントを確認していて9月30日~10月2日、「東京インターナショナルオーディオショウ 2016」が開催されるのが目に入りました。10月2日(日)はオルガン・ジャズ・トリオのスペシャルライブもあるとのことで・・

■ 日本ラジオ博物館
 まだ、行ったことがないのですが、長野県松本市に日本ラジオ博物館があるとのことです。1781年に建てられた薬種問屋の蔵を改装して博物館にし、常設展示として戦前のラジオ、1950-70年代のラジオ、テレビコーナーがあり、特別展示室で定期的に特別展示が行なわれているとのことです。
 「松本市方面へ行く機会に・・」です (^_^;

続きを読む


スマートフォンでラジオ(コミュニティFM放送の受信) [2. 道具(AV機器)]

DSCF0124-20160517s.jpg

 構造計画研究所から「SDRセミナー」(7月14日)の案内があったのを思い出しました(既に予約終了)。SDR (Software Defined Radio)について知ったのは以前のblogで書いたように『航空無線のすべて2015』(2014年10月1日、三才ブックス)からで、その後のblogで書いたようにUSBワンセグチューナーDS-DT305を入手してエアーバンド受信をネットブックでできるようにしました。
 これも以前のblogで書いたことですが、AndroidスマートフォンのASUS Zenfone 2 LaserにプリインストールされたFMラジオ、当初、インターネットラジオのアプリと思ったのですが、アプリを利用するのにヘッドフォンの接続が必要で、聴取場所によって一般のFMラジオのように雑音が増えることから、「このスマートフォンもSDRを利用したものでヘッドフォンのケーブルはアンテナ代わりなっていて、「FMラジオ」と称するアプリはそのソフトウェアなんだ」と気づかされました。

続きを読む


自家製ディスプレイ一体型PCとREGZA S10、S11 シリーズ [2. 道具(AV機器)]

regza-s11s.jpg
REGZA S11 シリーズ


 「テレビも見られるディスプレイ一体型PC」としてNECの23.8型のLAVIE DA970/AB、DA770/EADA570/EAB、DA370/EA、DA350/EAWのオプションの「テレビ機能あり」モデル、FUJITSUの23型のFH77/XDFH53/YD、TOSHIBAの21.5型のPD81TBP-BWAPD71UBP-BWAPD51UWP-SWAなどがあります。いずれの製品も省スペースを実現し、デザインもよいのですが、私にとって販売価格がネックになります (^_^;
 そこで"MOTTAINAI"精神もあって、blogで紹介のように休眠状態のPCディスプレイと地デジ対応のTVチューナーを組み合わせた地デジ対応テレビに、安く入手したネットトップM-T2N510(AOPEN)を組合せて自家製ディスプレイ一体型PCとして使っています。そしてWindows 10 Professional にアップグレードし、ベッドサイドPCの用途として今後も性能的には使えることを先のblogで紹介しました。

続きを読む


CDレシーバーのインターネットラジオの対応状況 [2. 道具(AV機器)]

LD-AV-system-s.jpg

 居間のインターネットラジオ聴取は以前のblogで紹介のようにAVシステムにStick PCのMS-NH1(mouse computer)を組み合わせて対応しています(上図)。「インターネットラジオを聴くのにテレビを常時ONにするのは省エネの面で・・」と気になっています。そこでCDレシーバーのインターネットラジオの対応状況を調べてみました。
 私が調べた下記のCDレシーバーの範囲では聴取できるインターネットラジオ局に制約があることがわかります。そして現在のところ、インターネットラジオを制約なく聴取するにはStick PCとの組合せが有効であることがわかりました。


続きを読む


スクリーン用のスタンドの自作検討 [2. 道具(AV機器)]

DSCF7600-20160310ss.jpg

 私のスクリーン、手動巻き上げタイプで壁に取り付けるのが一般的な固定方法です。先に勉強会で使用した時、床に置いてスクリーンを引き出してボトムバーの取っ手と、舞台の上部のレールの金具に取り付けた梱包用の紐を結んで対応しました。
 「次回、出先でスクリーンを使用する場合・・」とオプションとして販売される三脚スタンドを調べましたが、手動巻き上げタイプで質量が8kg程度あることからこのオプションの三脚スタンドでは安定性の面で不安です。そこで自作を検討することにし、スーパービバホーム三郷イレクター(矢崎化工)を見ながらその構造を検討したところ、6,144円(税別)となりそうなことがわかりました。ただ、搬送に際しては「ネジを緩めて」が必要となるため、「もう少し、色々な構造について検討してみよう」です。

続きを読む


新宿に寄り道、各種オーディオケーブルは品種の絞り込み? [2. 道具(AV機器)]

DSCF9469-20150816.jpg

 生産完了となったオーディオケーブルRK-G21(SONY)を下記の理由で調達したくなり、店頭在庫がヨドバシカメラ新宿西口本店にあるのがヨドバシ.comからわかり、電話でその予約を入れて8月16日、蒲田へいく途中で寄り道して購入しました(上はJR新宿駅の南口から見る仮囲いの外れてきた建物)。「新宿に来たからついでにコニカミノルタプラザへ立ち寄って楽しもう」と思いつき、その道中、新宿西口地下広場の新宿駅西口プロムナード・ギャラリーで道路標語・絵画コンクール作品展示(8月16日~9月25日)を楽しみ、西口から東口へは地上を歩くことが多いのですが、「暑いからメトロプロムナードを通って」でコニカミノルタプラザに到着しました。しかし、夏季休館日で「残念・・」となりました。行動する前にスマホでチェックすればよかったのですが、「運動になったからいいか・・」です (^_^;

続きを読む


CDラジオTY-C24(TOSHIBA)とFM補完放送 [2. 道具(AV機器)]

ty-c24.jpg

 今年も地域の盆踊り大会で太鼓を叩いてくれる小学生たちの太鼓の先生役を務めています。最初の日、初めて太鼓を叩くために自信なさげだった子ども達も日々、上達していてとてもうれしいものです。そして昨年、参加してくれた小学生も今年、参加してくれ、その上達にも驚かされます。
 さて、盆踊り用に編集したCD-Rが当初、主催者で準備してくれたCDラジカセで再生できませんでした。「このCK-11 (HITACHI)、PCで編集したオーディオCDには対応していないのかな・・」で急遽、私が使用しているCDレシーバーのR-K731 (KENWOOD)を持ち込んだところ、再生できることが確認されました。「盆踊りの会場にR-K731を持ち込む訳にいかないし・・」と初日の練習を終えた後、盆踊り用のCD-Rを手に近くのケーズデンキへ行き、「このCD-Rを再生できる安価なCDラジオは・・」と物色したところ、上のCDラジオ TY-C24(TOSHIBA)が期間限定特価3,980円(税別)で売られているのが目に入りました。縦置きのデザインでCDをセットする際の操作性はよいとはいえませんが、LINE INを備えることから外部入力の面では重宝します。そしてFMワイドバンド対応が特徴となっていて「AFラジオのFM補完放送も間近か・・」と気付かされました。なお、翌日、太鼓の練習場所のCDラジカセは先のCD-Rの再生可能なCFD-W78 (SONY)に交換され、TY-C24調達の必要性はなくなりました。

続きを読む


Audiovisual Equipment notes  - REGZA 32ZP2 and TVs - [2. 道具(AV機器)]

32ZP2notes-1.jpg


 先のblogで私の趣味の電子書籍制作として"Audiovisual Equipment notes  - Loudspeakers -"を発行したことを書きました。
 そのシリーズの2冊目は「テレビについてまとめてみよう!」で 「小さくても質の高いテレビ」と気に入っている32型(昔のテレビに比べれば十分大きい)のREGZA 32ZP2 (TOSHIBA)を中心に、これまで使用のテレビについてまとめた"Audiovisual Equipment notes  - REGZA 32ZP2 and TVs -"です。先のblogで『「放送90年 NHK放送博物館 in 渋谷」、テレビの技術史』を書いたのもこの小冊子作成のためでした。
 登場のテレビ(あるいはテレビチューナー)は25S12 ?(TOSHIBA)、KW-28HDF9 ?(SONY)、36D2500(TOSHIBA)、36D3000(TOSHIBA)、REGZA 32ZP2(TOSHIBA)、Smart Vision Pro 2 for USB(NEC)、MDT191S(NEC三菱電機ビジュアルシステムズ)、PIX-DT090-PE0(PIXELA)、KV-9AD2(SONY) 、HVT-BT200 (I・O DATA)、HVTR-BCTL(I・O DATA)、LVD242(SEIKO)、DT-F110-U2(BAFFALO)、PIX-DT300(PIXELA)、YPB718si (YUPITERU)です。この冊子をまとめながら「ブラウン管時代のテレビは故障が更新の理由だったなあ」と再確認させられました。
 AVマニア向けの内容ではありませんが、楽しんでいただけたら幸いです。

続きを読む


前の10件 | - 2. 道具(AV機器) ブログトップ