So-net無料ブログ作成
2018年05月| 2018年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

「ヒロシマ・ノート」と「爆心地ヒロシマに入る」 [本と映像・音楽の話]

DSCF6120-20180623s.jpg

 先のblogのように小宮山書店で6月2日にまとめ買いした本の読書の記の続きです。
 1冊は大江健三郎氏が執筆して30歳の時に出版された「ヒロシマ・ノート」(1965年、岩波新書)*です。1963年に広島に訪れた著者がその後も広島に訪れ、原爆で被爆された方達のことについて書かれながら当時の時代を切り取る内容となっています(私は本書のことを知りながら、これまで読む勇気がありませんでした)。読みながら「本書が出版された当時から50年以上経った今日が進歩したか?」と考えると寂しい気持ちになりました。
 もう1冊は林重男氏の「爆心地ヒロシマに入る カメラマンは何を見たか」(1992年、岩波ジュニア新書)です。著者は原子爆弾災害調査団に加わり、1945年10月1~10日の間、広島の被爆状況の撮影を行い、続いて10月12~22日の間、長崎の被爆状況の撮影を行ないました。これらが本書の中心的な内容となっています。また、著者の戦時中のカメラマンとしての活動、原爆の被害を撮影された原爆カメラマンとされる方々のこと、1973年にアメリカから返還された原爆関係の資料(写真などを含む)に関する内容も記載されていて1945年の敗戦の影響が続いていたことを認識させられました。岩波ジュニア新書ですが、大人にも勧められる内容です。

*:最近の岩波新書より文字が多いかなと思って確認したら、1行42文字は同じですが、今日は1ページ16行なのが17行ありました。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HEMMA ヘマ テーブルランプベース - 45 cm - IKEA [2. 道具(その他)]

DSCF5436-20180604s.jpg

 地域の公園で毎年開催される盆踊りの照明設備について「白熱電球から、IKEAで白熱電球の40W相当のLED電球が99円で売られているから、それに更新したら?」と提案しました。そしてE26口金に対応した持ち出し可能な照明器具を所有していないことに気付き、IKEA新三郷HEMMA テーブルランプベース(1,000円)をみつけ、入手しました(E17口金に対応したHEMMA テーブルランプベースは500円)。
 実行委員会の席でこれまで使用の20Wの白熱電球と、IKEAの400ml、5WのRYET LED電球を付け替えて比較し、「全ての交換はお金の面ですぐにはできないけれど、とりあえずテントの前の電球をLED電球化することとして20個入手しましょう」となりました。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

国立歴史民俗博物館 [展示会、セミナー、博物館等]

DSCF6116-20180623s.jpg

 先月のblogでボランティア活動の事前調査のために国立歴史民俗博物館佐倉城址公園へいったことを書きました。その本番で6月23日、流山市のバスを利用して総勢43名で引率役となって国立歴史民俗博物館へ行きました。
 今回は2013年3月19日~9月23日に開催の特集「東日本大震災と気仙沼の生活文化」の展示を見て以来の入館となりました。第4~6展示室の展示物は当時に見た時の記憶が甦ってきたのですが、第2、3展示室の展示については「これは見た記憶がある」、「これはどうだったろうか」と曖昧な状態にあることに気付かされました(第1展示室はリニューアル工事中)。「印刷の始まりと発展」の展示で「・・仏教経典で印刷が盛んになり・・」という解説を読んで、印刷博物館(トッパン小石川ビル内)で聖書が印刷に与えた影響の大きいことを知りましたが、「同じなんだな・・」になりました。

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PENTAX Papilio II 6.5x21 WF、8.5x21 WFの販売終了の表示に気付く [2. 道具(その他)]

Papilio-maniac-4.jpg

 PENTAXの近距離双眼鏡Papilio シリーズPapilio 6.5x21、マイナーチェンジされたPapilio II 6.5x21を入手し、"Papilio 6.5x21 & II 6.5x21 Maniac" を書くなど、気に入っている機材です。
 ふと、RICOHのPENTAX Papilio IIのWebサイトを見たところ、Papilio II 6.5x21 WFPapilio II 8.5x21 WFの下に次のように「販売終了」の表示がありました。

双眼鏡 / 製品 | RICOH IMAGING
・ 「WWFへの共感から生まれた、新しいPapilio(パピリオ) 販売終了」と表示がありますが、UシリーズPapilioが含まれていることを知らない人は「販売終了か・・」と諦めてしまう可能性があります。

PENTAX Papilio II | RICOH IMAGING
・ 「ホーム > 製品 > PENTAX Papilio II」とWebページの位置を表示していますので、このPapilio II 6.5x21 WFPapilio II 8.5x21 WFのページを見て製品についてよく知らない人は「Papilioが販売終了したのか」と考えてしまいます。また、"PENTAX Papilio II"でWeb検索するとWFモデルのページが表示されることも誤解を生みます。

 「販売終了なのはWWF(世界自然保護基金)に対応したWFモデルで、唯一無二の存在の標準モデルは継続販売だよなあ」と考えましたが、少々、気になりました。そこでRICOHに確認したところ、その通りであることがわかり、「ホッ」となりました。RICOHにはWebサイトの表示を「まずはWFモデルのみ販売終了」と変更して欲しい旨、伝えました。
 Webサイトを改訂する場合、そのページだけでなく、全体の構成がどうなっているか、配慮して行なう必要がありますが、Papilioに関する「販売終了」の表示はこの面での配慮が欠けている事例といえます。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

原寿雄「ジャーナリズムの思想」(1997年、岩波新書) [科学技術とジャーナリズム]

DSCF5685-20180613s.jpg

 先のblogで神田神保町の小宮山書店の前の平置き棚に「1冊100円」で売られていた新書の柳川範之(著)『独学という道もある』を読み終えたことを書きました。そして無駄なあがきかもしれませんが、「購入した本を積読のままにしないで少しでも読もう」と原寿雄(著)『ジャーナリズムの思想』(1997年、岩波新書)をやはり移動中の電車の中で先日、読み終えました。
 この本は以前にも読んだようなかすかな記憶があるのですが (^_^; 、インターネットの普及前の新聞、テレビを中心とした時代のジャーナリズムに関する内容です。「当時に比して今日はよくなったのだろうか?」と考えながら読み、情けない気持ちになりました。「インターネットなどが普及した今日を反映した「ジャーナリズムの思想」の改訂版が読みたいなあ・・」となりました。

続きを読む


nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

教育委員会制度の弊害が女の子の死を招いたのでは・・ [科学技術とジャーナリズム]

tv-icon.jpg

 6月18日午前7時58分頃に大阪府北部で起きた地震で、高槻市立寿栄小4年の9歳の女の子が小学校のプール脇の倒壊したブロックの下敷きになって道路で亡くなりました。これに関わるニュースを耳にする度に感情が高まって嗚咽のようなものがでてしまい、「子供の安全を守るべき大人が、何をやっていたのか!」と怒りが湧いてきます。
 6月22日のニュースで、防災の専門家からブロック塀の危険性の指摘を受けた校長が市教育委員会に相談したところ、建築士などの資格を持っていない職員に検査させ、安全性を判断したことが報じられました。
 文部科学省の教育委員会制度について「教育委員会制度の特性」として「首長からの独立性」があげられています。高槻市には当然、建築関係の専門家がいると考えられます。しかし、この行政の縦割り的な考え方から、高槻市へ協力依頼せず、教育委員会だけで解決しようとしたことが読み取れます。

 無知が女の子の命を奪ったことを考えるとどうにもやりきれません。

続きを読む


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Interop Tokyo 2018でO'Reilly の本を2冊入手 [本と映像・音楽の話]

DSCF5911-20180617s.jpg

Interop Tokyo 2018 (6月13~15日、幕張メッセ)の最終日に会場へいきました。そして「蛍の光」の流れる中、オライリー・ジャパンのブースで「2冊で1,000円」と表示された段ボール箱があるのに気付き、物色し、"Head First Android Development - A Brain-Friendly Guide"と"Android Cookbook"を購入しました。
 前者は887ページ、後者は747ページで2冊合わせて3kg弱(住処に帰っての実測)。本の厚さと「Androidのプログラミングを少し、勉強しなければ」、そして価格につられての購入でしたが、「Interop Tokyo 2018に来て良かった」と思う一方、「また、積読が増えるのでは」という懸念が ・・ (^_^;

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

TX新型車両TX-3000系 [乗り物]

DSCF5682-20180612s.jpg

 つくばエキスプレスに乗っていて上の中吊り広告で2020年に新型車両TX-3000系が投入されることを知りました。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「ヌード 英国テート・コレクションより」(2018年3月24日~6月24日、横浜美術館) [展示会、セミナー、博物館等]

DSCF6017-20180620s.jpg

 6月20日、「再生可能エネルギー世界展示会」「PVJapan 2018」をみるため、パシフィコ横浜へ行きました。
 その後、6月13日から計画していた横浜美術館で6月24日まで開催の「ヌード 英国テート・コレクションより」を閉館時間の午後6時まで見ました。作品を見ながら色々、考えさせられました。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雨の秋葉原駅前の広場で開催の街頭集会に参加 [3. 記事]

DSCF6023-20180620s.jpg

 桜木町へいった帰り、TXに乗り換えるためにJR秋葉原駅のプラットフォームに降りたところ、駅前で街頭集会を行っているのが見えました。そして話の内容を聞き、「働き方改革」に関するものとわかり、改札口を出てその街頭集会の場へいきました。与党が国会会期を7月22日まで延長し、働き方改革法案も強引に通そうとすることに対する反対集会でした。過労死の方の残されたご家族の方もマイクをもたれ、「働き方改革」の問題について指摘されていましたが、現在の政府は無視を決め込んでいるのが読み取れました。それにしても集会の中で映像として紹介された加藤勝信厚生労働大臣の国会での答弁、「この人、質問の内容が理解できないようで、何か、病気があるの?」(与党の議員にそのような人が多いですが)と考えさせられてしまいました。
 私も以前、プロジェクト室に寝泊りし、設計や報告書作成の仕事をしていて、年の半分は月120時間以上(多い場合は180時間)の残業をしている状態が4年ほど続き、最後はお酒をほとんど飲まないのに肝臓障害を起こしてしまいました(残業時間は実時間と提出用の2つがありました)。責任感だけで仕事を行なうのも限界があることに気付かされました。また、当時の私はクラッチの切れないエンジンのように感じていました。このため、「働き方改革」は私にとって他人事ではありません。
 街頭集会の準備をしていただいた日本労働弁護団東京過労死を考える家族の会の皆様に感謝です。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -
2018年05月|2018年06月 |- ブログトップ