So-net無料ブログ作成
検索選択

so-netのトラックバック機能提供終了(8月3日) [3. 記事]

 今日でso-netのトラックバック機能が終了。時代の変化を感じます。

----------
【重要】トラックバック機能提供終了:What's new?:So-netブログ
http://blog-wn.blog.so-net.ne.jp/2017-07-19
トラックバック機能(提供終了) - ライブドアブログのヘルプ(PC向け)
http://help.blogpark.jp/archives/52483882.html
ライブドアブログ「トラックバック機能」廃止 利用者減少で - ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/14/news098.html
トラックバックを有効活用!ブログで自社サイトのア…|Udemy メディア
http://udemy.benesse.co.jp/marketing/trackback.html
【Seesaaブログ】トラックバック機能提供終了のお知らせ - Seesaaからのお知らせ
http://info.seesaa.net/article/450858434.html
楽天ブログがトラックバック受付機能を廃止 - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20110412_rakuten_blog_trackback/

DIGILITE L-318(SEKONIC)とAndroidアプリの"Light meter for photo" [2. 道具(カメラ)]

DSCF5335-20170802s.jpg

 以前、「ASUS ZenFone 2 Laser の内蔵センサを活用したアプリ」と題するblogを書きました。その中で輝度(照度)センサを利用して「照度」、「輝度」、「目立ち」を測定とする岩崎電気の明るさ測定アプリ『QUAPIX Lite(クオピクス ライト)』について書きましたが、撮影用の露出計に対応するアプリについては書きませんでした。
 カメラ内蔵の露出計は反射光式で測定するため、「物」の表面状態などに影響されますが、これに対して、入射光式の露出計を被写体の近くへもっていき、測定すればその影響を低減でき、安心です(特に「物」の比較撮影など)。
 上の写真は私のASUS Zenfone 2 LaserにインストールしたAndroidアプリの Light meter for photo と、露出計のDIGILITE L-318(SEKONIC)を並べて測定した状況です。異なった値を示していて「実務ではやはり専用の露出計」となりますが、Light meter for photo はアプリを通して「露出計とは」を学ぶのに活用できる (^_^) 」です。

続きを読む