So-net無料ブログ作成

NTTドコモの解約手続きの判りにくさ [3. 記事]

f-09b.jpg

 6年前のblogで書いた「らくらくホン7」を持った人物、先のblogで玄関前を整備したことを書いた親族でした。彼は結局、「らくらくホン7」をほとんど使うことなく、基本料金を払う状態が続いていたため、生前にその解約手続きしました。しかし、その手続に考えさせられるものがあり、次に紹介します。
 まず、近くにあるドコモショップへいき、「解約手続きについて教えて欲しい」と依頼したら、「相談は1時間待ちです」といわれました。そのような時間の余裕はなかったため、問い合わせ先が書かれた電話番号をリストを受け取って帰りましたが、この連絡先も大変わかりにくいものです。
 Web検索で「携帯電話の解約 | お客様サポート | NTTドコモ」を見つけましたが、そのページのデザインは「解約しないで欲しい」という情報が前面にでたもので必要な情報が見つけにくく、下手をすると同じ情報をループしかねません。このWebサイトをデザインした人物のデザイン能力が低いのか、あるいはNTTドコモの「判り易いWebサイトをつくる」という意識が低いのか・・。
 その後、別のドコモショップへ行き、入院中であることを伝え、解約手続きについて聞いたところ、準備すべき書類について話され、最後は「死亡診断書を」という話しに及びました(怒り心頭!)。
 数日後、再び、最初に行ったドコモショップへ行き、今度はすぐ係の人と相談することができ、状況が理解され、解約手続することができました。
 今回のことから、「NTTドコモ、お役所意識が未だにはびこっているのかなあ・・」と考えさせられました。

続きを読む