So-net無料ブログ作成

昼間の片側二車線の車道にて [3. 記事]

DSCF3748-20170508.JPG

 ある地方都市の片側二車線の車道で信号待ちしていたところ、信号側から若い男性が手に飲み物を持って車道の真ん中を歩いてきて私の車の脇を通り過ぎました。「えっ!」と驚いたのですが、その姿から知的障害があるようでした。信号待ちしていたため、事故にはならなかったのですが、「自動車が動きかけた状態だったら・・、また、暗くなった状態だったら・・」と考えてしまいました。
 「「いつ人が立っているかわからない」と考えて前方注意して運転しなければいけない」を再認識しました。