So-net無料ブログ作成
検索選択

インクジェット プリンター・複合機DCP-J567N(ブラザー)を入手 [2. 道具(PC)]

DSCF3730-20170505s.JPG

 インターネット環境、PC環境のない出先でしばらく作業することになりました。そこでインターネット接続速度は遅いですが、スマートフォンのASUS ZenFone 2 LaserをテザリングしてノートPCのLaVie Light BL350/CW6を使うことにしました。
 「プリンターをどうするか?」で当初、「修理から戻ってきて休眠状態となっているPIXUS MX850 (CANON)を車に積んで持っていこうか・・」と考えました。しかし、先日、近くのケーズデンキで複合機が安く売られているのに驚いたことを思い出し、再び、ケーズデンキへいきました。そして各社の低価格帯の複合機を物色し、インクジェット プリンター・複合機DCP-J567N(ブラザー;写真上)をゴールデンウィークの特価7,680円(税別)にケーズデンキあんしんパスポートを使って8,000円かからないで購入しました。なお、L判写真スピード(普通モード)約34秒とするDCP-J567Nに対し、同約14秒とし、また、CD/DVD/BDレーベルプリント・コピー機能のあるDCP-J767Nが約4,000円高で売られていましたが、A4モノクロ文書の印刷スピードは両機とも約12ipmで、私の使用目的からモノクロ印刷が同じなら問題ありませんので、価格を優先させました。
 プリンターのビジネスモデルとしては「インクカートリッジを売って収益をあげる」とわかっているのですが、「プリンター、コピー、スキャンの複合機としての基本機能に、自動両面プリント、無線LAN対応、スマホからの直接プリント対応、メモリーカードからのダイレクトプリントなどの機能を加えてこの寸法(400 x 341 x 172 mm)に収めて、この金額で購入できるとは・・」です。
 DCP-J567N、購入したUSBケーブルを接続しようとして「USB(B)の接続先は?」となりました。そして上部のカバーを開けないとアクセスできない位置にあるのがわかりました。「無線LAN対応が前面に出されているため、外部から見えない位置にデザインしたのかな」です。インクを本体の前面のカバーを開けることで交換できることもあり、「デザイン的によく考えられているなあ」です。

続きを読む