So-net無料ブログ作成
検索選択

科学技術週間(4月17~23日) [科学技術とジャーナリズム]

DSCF2728-20170409s.jpg

 科学の街 つくば 筑波研究学園都市 第58回科学技術週間一般公開『平成29年度研究機関一般公開総合ガイド』をいつも利用するTX南流山駅で先日、頂戴してきました。「まだ、見たことのない研究機関は」とチェックしています。
 今年の科学技術週間は4月17~23日です。

続きを読む


デジタルカメラとの約20年を振り返って [2. 道具(カメラ)]

 私が最初に使ったデジタルカメラは勤務先のDC40 Zoom(KODAK)だったと記憶しています。そして初めて入手したデジタルカメラは特価販売されていたKXL-600A(Panasonic, 1997年発売)でした。デザインは米国で使ったら命の危険もあると考えられる小型ガンと誤解されるもので、撮影してみて「よくこんな画質の製品を市場に出したなあ・・(怒)」で即、お蔵入りとなりました。次に入手したのはFinePix 700(Fujifilm;1998年発売)の限定版の黒で、価格がこなれた1999年になってからでした。FinePix F300EXR Maniac(2011年発行)の「APPENDIX 1: デジタルカメラ遍歴」でFinePix 700 (FUJIFILM) からFinePix F300EXRまでのデジタルカメラについて書きましたが、使い勝手の面からFinePix 700がフィルム式のコンパクトカメラに置き換わることはありませんでした。
 「FUJIFILMのデジタルカメラ使用歴」をblogの中で書きましたが、その延長で2001年から購入したカメラを年別に以下にまとめてみました(備考:◎:現在も保有、SH: second hand)。これより、2003年から毎年1台入手していて、2012~2014年は購入台数が多かったことがわかりました(先のblogで平成28年度はデジタルカメラを購入していないと書きましたが、FUJIFILM XQ2を2016年3月に購入していて年と年度の区切りの差によります)。


2001年:
 COOLPIX 950(1/2 型、総画素数 211 万画素、35mm判換算38~115mm、F2.6~F4)の発売は1999年3月ですが、私の入手したのは流通価格がこなれてきた2001年になってからでした。私の使用の主目的は記録でこのカメラによって「デジタルカメラを使っていこう」と踏ん切りがつきました。なお、撮影条件によってフィルム式のカメラも並行しての使用で、デジタルカメラに完全に移行したのはPENTAX K-7を入手してからでした。

e950-sl1.jpg
COOLPIX 950(Nikon)


続きを読む