So-net無料ブログ作成

『日本の航空宇宙工業 50年の歩み』と飛行機などを展示する国内の施設 [展示会、セミナー、博物館等]

50nennoayumi.jpg

 所沢航空発祥記念館の大型映像館で1月2日~3月31日上映の「よみがえる飛行機たち 幻の名機を復元して」を楽しんだことを先のblogで書きました。その映画の中で復元した飛行機を展示する施設が10以上あることを紹介していたことから、気になって所沢航空発祥記念館などのWebサイトのリンクを調べてみましたが、それに対応したものは見つかりませんでした。
 そこで日本航空宇宙学会のWebサイトのリンク集をチェックして博物館などに関するリンクがないことを確認し、続いて一般社団法人 日本航空宇宙工業会のWebサイトを調べたところ、社団法人日本航空宇宙工業会編 『日本の航空宇宙工業 50年の歩み』(平成15年5月発行、上図)という354ページの本が電子書籍として公開されているのを見つけ、日本の航空機工業の歴史が解説されるとともに、巻末に『補遺(2)日本国内の主な航空宇宙博物館・史料館等』とする私の探していたものが見つかりました。
 このデータは2003年時点で旧いため、Web検索し、私が訪れた飛行機の展示される科学館など(写真掲載のもの)を含めて地域別にまとめてみました(◆が『日本の航空宇宙工業 50年の歩み』で記載の施設)。私が訪れたことのある施設は全体の約1/3で、どこかへでかける時の楽しみが増えました (^_^)

【北海道】
■ 苫小牧市科学センター
 防災救急大型ヘリコプター「はまなす」が展示されているとのことです。なお、目玉となる展示はロシア(旧ソ連)製宇宙ステーション「ミール」(実物予備機)です。

◆ 美幌航空公園(北海道)
 川崎ロッキードT-33/富士ビーチクラフトT-34/富士ベルHU-1B

■ 航空自衛隊 千歳基地(北海道)
 基地見学に対応していてF-15、救難機の航空機が見学できます(詳細は基地見学参照)。

【東北地方】
■ 青森県立三沢航空科学館(青森県)
 奈良原式2号機航空研究所長距離機(通称:航研機)のレプリカが展示されているとのことです。

■ 航空自衛隊 三沢基地(青森県)
 航空自衛隊の戦闘機F-2、中等練習機T-4、早期警戒機E-2C、輸送ヘリCH-47J、そして米空軍の戦闘機F-16、米海軍の輸送機C-12が常駐しています。基地見学に対応しています(見学の1ヶ月前までに申込み)。

■ オールドカーセンター・クダン(福島県)  ・・・ 2011年3月11日より閉鎖
 ロッキードT-33A、富士KM-2、三菱ロッキードF-104J(栄光)、ヒューズTH-55J

【関東地方】
■◆ 栃木県子ども総合科学館(栃木県)
 軽飛行機FA-200、富士KM、ヘリコプター(富士ベル204B)シミュレータなどがあります。

tsm.jpg

◆ 大光院呑竜公園(群馬県)
 旧:中島飛行機製作所(株) 呑竜工場 (現:富士重工業(株) 北工場)の発祥の地の近くで『日本の航空宇宙工業 50年の歩み』では富士ベルHU-1Bの名称が掲載されていますが現状は不明。(呑竜公園

■ 富士重工業 スバルビジターセンター(群馬県)
 T-1ジェット練習機「初鷹」が屋外展示され、ビジターセンター内に中島九〇式艦上戦闘機3型、中島四式戦闘機「疾風」の模型が展示されています。

DSCF2022-20140915.jpg

■ 航空自衛隊 百里基地(茨城県)
 基地正門横の雄飛園でF-1やF-4など実物の航空機8機を展示され、見学は週末を含め午前9時から午後4時までの間、可能です(訓練などで見学できない場合あり)。

■ 稲毛民間航空記念館(千葉県)
 奈良原式4号機「鳳」号グライダー「プライマリー」復元機が展示されています。

DSCF2531.jpg

■◆ 航空科学博物館(千葉県)
 アンリファルマン1910複葉機の実物大復元模型、富士FA-200、三菱MU-2B、/アンリ・ファルマン1910、YS-11、川崎ベル-47など、様々な機体が展示されています。

20080607c.jpg

■◆ 所沢航空発祥記念館(埼玉県)
 会式一号飛行機(レプリカ)、ノースアメリカンF-86、富士ベルHU-1B、川崎バートルV-107、富士ビーチクラフトT-34などの展示があります。

DSCF5277-20150131.jpg

■ 陸上自衛隊広報センター(りっくんランド)(埼玉県)
 ベル・ヘリコプター社のAH - 1S Cobra および、そのフライトシミュレーターがあります。

DSCF2691-20121027.jpg

■ 航空自衛隊熊谷基地(埼玉県)
 F-86D(月光)全天候要撃戦闘機、T-33A(若鷹)ジェット練習機、T-6G(まつかぜ)中間練習機、F-86F(旭光)昼間要撃戦闘機、F-104J (栄光)要撃戦闘機、F1支援戦闘機が広報用航空機として地上展示されています。教育参考館は日本の飛行機の歴史を調べる上で参考となります。土日・祝祭日を除く平日の午前9時から午後4時の間に基地見学を行っております。」 とのことです。必要な事前申請については熊谷基地広報室へお問合せください。

DSCF2372-20150405.jpg

■◆ 国立科学博物館(東京都)
 モーリス・ファルマン6型、ストークB人力飛行機、零式戦闘機21型(改造型)、ローヌ80馬力空冷星型エンジンなどが展示されています。

DSCF8126-20130818.jpg

■◆ 交通博物館(東京都) ・・・ 閉館
 川崎ベル-47/アンリ・ファルマン/ハ45型(誉)エンジン/ライト式プロペラ他

robotic-person/2888443.jpg

■◆ 警視庁広報センター・警察博物館(東京都)
 川崎ベル-47

robotic-person/-ad1a6.jpg

■ 消防博物館(東京都)
 消防ヘリコプター「ちどり」などが展示されています。

fire-museum.jpg

■ 東京消防庁PRセンター
 「消防5号」(SA316B アルウェットⅢ(アエロスパシャル))が展示されています。

DSCF6612-20150221.jpg

■◆ 都立産業技術高等専門学校(荒川キャンパス)科学技術展示館 (東京都)
 都立産業技術高等専門学校の前身である都立航空工業高等専門学校時代から教材として使用されてきた教育的、歴史的に価値がある各種工学機器類を展示・保存しているとのことです。そして「航空機関係の展示物においては、わが国でも有数のコレクションであり、日本航空協会から"戦後航空再開時の国産航空機群"として重要航空遺産の認定を受けています」とのことです。瓦斯電「神風」エンジン(立飛R-52練習機搭載)、東洋航空TT-10練習機、東洋航空フレッチャーFD-25A軽飛行機、東洋航空フレッチャーFD-25B軽飛行機、読売Y-1ヘリコプター、自由航空研究所JHX-3ヘリコプターなどが展示されています。一般公開日は科学技術展示館のWebサイトのように年10日ほどあり、一般公開日以外でも団体であれば事前連絡で支障がない限り開館とのことです。

DSCF8336-20150325.jpg

■◆ 宇宙航空研究開発機構 調布航空宇宙センター(東京都)
 様々な実験機などが展示されています。

DSCF2361-20140917.jpg

■◆ 靖国神社遊就館(東京都)
 零式艦上戦闘機52型、艦上爆撃機「彗星」11型、ロケット特攻機「桜花」が展示されています。

DSCF5517-20150208.jpg

■◆ 船の科学館(東京都) ・・・ 本館は2011年に休館
 展示されていた二式大型飛行艇(二式大艇)は海上自衛隊鹿屋基地史料館(鹿児島県)に移設。

robotic-person/-1ee37.jpg

■  JAL工場見学~SKY MUSEUM~(東京都)
 科学館、博物館とは異なりますが、羽田のJALの格納庫の見学コースがあります。

■◆ 三菱みなとみらい技術館(神奈川県)
 ヘリシミュレーター(体験)/航空機スケールモデル/H-Ⅱロケットエンジン他

minatomirai-museum.jpg

■ 河口湖自動車博物館 飛行舘(山梨県、8月のみの開館)
 零式艦上戦闘機 21型など、様々な飛行機が展示されています。

130829-160502.jpg

【北陸地方】
■◆ 新潟県立自然科学館(新潟県)
 三菱MU・軽飛行機が展示されています。

nsm01.jpg

◆ 石川県立航空プラザ(石川県)
 川崎ベル-47/川崎ロッキードT-33/三菱ロッキードF-104他

【中部地方】
◆ 航空自衛隊浜松広報館エアーパーク(静岡県)
 実物のF-1支援戦闘機、T-2高等練習機、F-104J戦闘機、F-86F戦闘機、F-86D戦闘機、T-33A練習機、T-1A練習機、T-3練習機、T-6練習機、MU-2救難捜索機、V-107救難ヘリコプター、B-65多用途機、零式艦上戦闘機『五十二型』などや航空機搭載機器、航空自衛隊の保有する全機の模型などが展示されています。

DSCF5838-20150603.jpg

■ ヤマハ発動機株式会社 コミュニケーションプラザ
 産業用無人ヘリコプターRMAX Type IIG L17-1、人力飛行機「極楽とんぼ」が展示されています。

DSCF9639-20130910.jpg

◆ 麻績村立聖博物館(長野県)
 富士ビーチクラフトT-34/三菱ノースアメリカンF-86/三菱ロッキードF-104

■◆ かかみがはら航空宇宙科学博物館(岐阜県)
 航技研STOL実験機飛鳥、富士FA-200、川崎ベル-47、YS-11、新明和US-1、川崎P-2J、サルムソン2A2などが展示されています。

kokuuchu.jpg

◆ 三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所史料室(小牧南工場)(愛知県)
 零式艦上戦闘機52型、局地戦闘機秋水、小型ターボプロップ機MU-2、ジェット機のF-86F(旭光)国産第2号機、F-104J(栄光)国産第172号機、T-2 試作初号機、ヘリコプターのHSS-2B型初号機が展示されています。

DSCF6432-20150212.jpg

■ 航空館boon(愛知県)
 小型ターボプロップ機の三菱MU-2A3号機(昭和38年製、名古屋空港航空宇宙館からの移設品)、ヘリコプター「あさづる」(川崎ニューズ式369HS型、中日新聞社より提供)が展示されています。名古屋空港に隣接し、三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場の近くです。JAXA名古屋空港飛行研究拠点も近くです。

DSCF6160-20150212.jpg

■ 航空自衛隊 小牧基地(愛知県)
 オープンベースなどの行事、あるいは基地見学申込み(希望する日の2か月前~1か月前までに渉外室広報班へ電話連絡)でC-130H、U-125A、UH-60Jが見られます。なお、双眼鏡を持参すれば県営名古屋空港の3階展望デッキから自衛隊の航空機をみることができます(航空館boonの隣の神明公園の展望台とともに航空機撮影によい場所です)。

DSCF5502-20150603a.jpg

◆ 名古屋空港航空宇宙館(愛知県) ・・・ 2004年10月31日閉館
 三菱MU-2A/零式艦上戦闘機32型/日本の名機100選(25分の1超精密模型)

■◆ 名古屋市科学館(愛知県)
 H-IIBロケット、国際宇宙ステーションの「きぼう」が屋外展示されています。リニューアル工事前に屋外展示されていた三菱ノースアメリカンF-86Dは工事を機に撤去されたとのことです。

IMGP0123-20110403.jpg

◆ 幸田町立郷土資料館(愛知県)
 三菱ノースアメリカンF-86/富士KM

【関西地方】
◆ 神戸市立青少年科学館(愛称:バンドー神戸青少年科学館、兵庫県))
 富士FA-200

■ カワサキワールド(兵庫県)
 ヘリコプターの展示。

【中国地方】
■ 呉市海事歴史科学館 大和ミュージアム(広島県)
 零式艦上戦闘機62型、他に特殊潜航艇「海龍」、特攻兵器「回天」などを展示。

◆ 陸奥記念館(山口県)
 新明和PS-1

【四国】
◆ 高山航空公園(香川県)
 川崎ベル-47

■ 二宮忠八飛行館(香川県)
 玉虫型飛行器を展示。

◆ 紫電改保存館(愛媛県)
 局地戦闘機紫電改

【九州】
◆ 太刀洗平和記念館(福岡県)
 川崎ロッキードT-33/97式戦闘機

■ 航空自衛隊 春日基地 (福岡県)
 中等練習機T-4、輸送ヘリCH-47J/JAがあります。基地見学に対応していて「飛行場(駐機している自衛隊の航空機や福岡空港を離着陸する民間機等を見ることができます」とのことです(1ヶ月以上前に申込み)。

◆ 日本文理大学 航空宇宙工学科(大分県)
 ノースアメリカンF-86F セイバー、三菱ロッキードF-104、ビーチクラフト G50 ツインボナンザ、OH-6Jヘリコプターを収蔵

◆ 天草パールセンター(熊本県)
 新明和PS-1

◆ 海上自衛隊鹿屋航空基地史料館(鹿児島県)
 US-1A救難飛行艇/P-2J対潜哨戒機/P2V-7対潜哨戒機/HSS-2A対潜哨戒ヘリコプター/二式大型飛行艇(二式大艇)[「船の科学館」から移される]他

◆ 知覧特攻平和会館(鹿児島県)
 零式艦上戦闘機52型(前半部のみ)/3式戦闘機飛燕/4式戦闘機疾風

* * * * *


<< 宇宙関係 >>
◆ JAXA角田宇宙センター 宇宙開発展示室(宮城県)
 ロケットエンジン(実物・模型)/ロケット模型等

◆ JAXA地球観測センター展示室(埼玉県)
 ロケット/人工衛星/リモートセンシング画像他

■◆ JAXA筑波宇宙センター展示館(茨城県)
 ロケット/ロケットエンジン/人工衛星/宇宙ステーションモックアップ/関連資料多数

DSCF3197-20130420.jpg

■ 日本科学未来館(東京都)
 LE-7Aエンジン、国際宇宙ステーションの宇宙居住棟(モックアップ)などを展示

DSCF6072-20140502.jpg

■◆ JAXA i (東京都) ・・・ 2010年12月28日閉館
 ロケット/人工衛星/宇宙服他関係資料

DSCF3688-20100724.jpg

■ JAXA 東京事務所 (東京都)
 東京事務所のショーウィンドウ(模型等の展示あり)やエントランスホールにJAXAの成果などの展示があります(blog)。

DSCF7751-20150716.jpg

■ JAXA宇宙科学研究所(神奈川県)
 日本のロケット開発の歴史、科学探査衛星などの様々な展示があります。

jaxa-isas.jpg

■ 宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋(石川県)
 NASAのマーキュリーカプセル、アポロ指令船、旧ソ連の宇宙探査に関連する展示物、火星探査のバイキング着陸機、旧ソ連の月面着陸機などが展示されています。

cosmo-isle.jpg

◆ スペースワールド宇宙博物館(福岡県)
 ロケットエンジン/人工衛星模型/スペースシャトルレプリカ/宇宙ステーション模型他

◆ 北九州市立交通科学館(福岡県) ・・・ 2004年3月で閉館
 宇宙ステーション/H-Ⅱロケット模型他

◆ 宮崎科学技術館(宮崎県)
 H-Ⅰロケット(実物大模型)/きく5号(実験用)他

◆ JAXA 内之浦宇宙空間観測所 宇宙科学資料館(鹿児島県)
 科学ロケット/人工衛星(実物・模型)多数

◆ 鹿児島市立科学館(鹿児島県)
 H-Ⅱロケット模型/人工衛星(実物大模型)他

■◆ JAXA種子島宇宙センター 宇宙科学技術館(鹿児島県)
 ロケット/ロケットエンジン/構造体/人工衛星宇宙ステーション模型他

200203-04.jpg

----------
所沢航空発祥記念館で特別展「空から宇宙へ ―糸川英夫とはやぶさ―」を楽しんできました:ロボット人間の散歩道:So-netブログ
http://robotic-person.blog.so-net.ne.jp/2015-02-01

nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 6