So-net無料ブログ作成
検索選択

神田古書街巡りの戦利品:『斑鳩の匠 宮大工三代』 [本と映像・音楽の話]

DSCF5912-20101121.jpg
奈良 法隆寺観光、いかるがの里観光案内所 法隆寺iセンター
http://www4.kcn.ne.jp/~ikaru-i/
宮大工棟梁 西岡常一の世界-法隆寺iセンター・斑鳩町観光協会
http://www4.kcn.ne.jp/~ikaru-i/icenter/i1060.html

 法隆寺にでかけたのはもう2年近く前のこととなりました。法隆寺にいく前に立ち寄った法隆寺iセンターの宮大工棟梁「西岡常一の世界」の展示が心に残っています。
 神田古書街のいつもの書店に立ち寄ったところ、『斑鳩の匠宮大工三代』が目に入りました。

DSCF0202-20120719.jpg
西岡常一・青山茂、『斑鳩の匠宮大工三代』、1977年、徳間書店

 毎日新聞の古美術文化関係の記者として西岡棟梁と親交を深めた青山茂氏が西岡棟梁にインタビューを通して、棟梁の半生、法隆寺金堂の解体修理、法輪寺三重塔の再建、薬師寺金堂の復興、建築用材と工具、宮大工の後継者たちについて対談形式で語ってもらう内容で、寺院建築の改修の技術だけにとどまらず、棟梁の人となりも伝わってきます。
 初版本で35年( !! )という時の経過を感じさせる状態で600円で売られていて、「欲しい!」で入手しました。住処に帰り、本の小口、天、地に紙やすりをかけて茶色のシミのように変色した汚れを落とし、気持ちよく読める状態になりました。




----------
法隆寺の五重塔の軒下の彫刻:ロボット人間の散歩道:So-netブログ
http://robotic-person.blog.so-net.ne.jp/2010-11-23-1
古本のなおし方
http://www.aokishoten.com/shuuri.html
asahi.com 古書修復、根気と技術で知を残す 記者が体験 - マイタウン奈良
http://mytown.asahi.com/areanews/nara/OSK201105290115.html


ikaruga-no-takumi.jpg

斑鳩の匠宮大工三代

  • 作者: 西岡 常一
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1977/12
  • メディア: 単行本



nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。