So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

いすの博物館(岡村製作所)と日本初のFFオートマチック車「ミカサ」 [展示会、セミナー、博物館等]

DSCF9882-20170222s.jpg

 人間工学は以前からの私の関心分野です。株式会社岡村製作所の「いすの博物館」が国会議事堂駅近くに2009年に開設されていたことを知り、予約して見学に行きました。「いすの博物館」の1階には自動車が展示されていて岡村製作所が自動車も生産していたことを知りました。
 博物館の入館の受付を済ませ、ご担当の方の案内で9階のシアタールームでオカムラの歴史、そしてエルゴノミクスデザインに関する映像を見、創業者が日本飛行機の設計者であったことを知りました。次に7階の「いすの科学」で椅子の人間工学的な設計、8階の「いすの展示室」でオカムラの椅子の歴史を解説いただき、様々な列車に使用されている椅子やNHKホールなどで使用されている椅子を見ることができました。見学後、『からだに合ったいすを選ぶ』、『椅子の科学を考える』と題する印刷物を頂戴しました。
 人間工学的な視点、意識していないと感性が鈍ることに気付き、「気をつけよう!」と反省となりました。また、ユニバーサルデザインにおける『ロン・メイスの7原則』(公平性、自由度、カンタン、明確さ、安全性、持続性、空間性)を再確認しました。

続きを読む


国立情報学研究所の市民講座受講後、丸の内PCオーケストラ指揮者体験 他 [展示会、セミナー、博物館等]

DSCF9951-20170222s.jpg

 2月22日午後6時30分から国立情報学研究所の市民講座「第6回 人間の声?それともコンピュータ? 音声情報処理におけるディープラーニング最前線」(講師:高木 信二氏)が開催で聴講してきました。音声合成におけるディープラーニングを用いた研究に関するもので、生成された音声を聴きながら、英語については私の英語能力もあり、「音声合成とは思えないなあ」でしたが、日本語については「よくなったけれど、まだ、若干、ぎこちない感じがするなあ」となりました。
 その後、また、いつもの行動パターンで丸善・丸の内本店へ向かったところ、オアゾ1Fの○○広場でHPによる「丸の内PCオーケストラ」(2月13~25日)が開催中でPCのオーケストラを相手にタクトを振って遊んでしまいました (^_^)
 その後、丸善・丸の内本店4階ギャラリーで開催の2月22日猫の日特別企画『第13回 Catアートフェスタ』(2月22日~3月2日)を楽しみました。

続きを読む


「備品発注依頼書の送付」というウィルスメールにご注意! [3. 記事]

 「備品発注依頼書の送付」と題する添付ファイル付のメールが届きました。差出人のアドレスはcn5s207.kyowa.co.jpで身に覚えがなく、「ウィルスメールだな」とゴミ箱に入れ、削除しました。
 INTERNET Watchで「ウイルス付メールが拡散中! 件名は……」警視庁が早期警戒情報を出して注意呼び掛けと題する記事が1月17日に掲載されましたが、沈静化していないようです。皆様、お気をつけください。

----------
「ウイルス付メールが拡散中! 件名は……」警視庁が早期警戒情報を出して注意呼び掛け -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1039482.html

大西宇宙飛行士国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在ミッション報告会(2017年2月21日、TOKYO DOME CITY HALL) [展示会、セミナー、博物館等]

DSCF9865-20170221s.jpg

 「大西宇宙飛行士国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在ミッション報告会」が2月21日午後7時からTOKYO DOME CITY HALLで開催ででかけてきました。
 第一部の「大西宇宙飛行士によるミッション報告」、ISSの「きぼう」で実施された実験(「小動物飼育ミッション」、「高品質タンパク質結晶生成実験」など)の紹介やISSでの活動、第二部の「大西宇宙飛行士×中野きぼうフライトディレクタ インタビュー」ではISSでの活動を支えるフライトディレクタの仕事など、とても興味深く聞くことができました。
 なお、第三部の「「きぼう」の意義・成果の価値がもたらす世界」、モデレータの室山哲也氏(NHK解説委員)が「トランプ大統領がISSに及ぼす影響はどうか」という発言から始まり、一時は「どういう方向に向かうの?」と心配になりましたが、脱線はしないで終わりました。
 会場には約2,000人、インターネットの中継を見ている人が約12,000人との報告がありました。なお、第一部の始まる前、舞台上のスポットが2階席に向けられ、まぶしくてスクリーンに表示されるISSでの大西宇宙飛行士の活動状況を紹介する写真がとても見辛いものになったり、BGMの音量が大きく出演者の声が聞き取りにくかったり、演出の問題が気になりました。

続きを読む


杉並アニメーションミュージアム [展示会、セミナー、博物館等]

DSCF9728-20170219s.jpg

 先のblogのように杉並区立郷土博物館の分館へ行きましたが、その後、「午後6時まで杉並アニメーションミュージアムが開館しているから」と予定通りJR中央線の荻窪駅北口から青梅街道沿いを歩いて約20分の地へ行きました。
 なお、行く前は「私が行って大丈夫だろうか?」と少し心配だったのですが、ミュージアムに入館し、日本のアニメーションの歴史、アニメーションの原理、アニメーションの制作方法など、大人も学び、楽しめる展示に「来てよかった (^_^)」となりました。そして好きなアニメーションは『ムーミン』だったことを思い出しました。

続きを読む


杉並区立郷土博物館 [展示会、セミナー、博物館等]

DSCF9635-20170219s.jpg

 以前のblogのように都区部の郷土資料館の全制覇(?)を目指し、杉並区立郷土博物館の本館(京王井の頭線「永福町駅」北口より徒歩15分)と分館(JR中央線・東京メトロ丸ノ内線「荻窪駅」北口から徒歩10分)へ行きました。

■ 杉並区立郷土博物館(本館)
 本館では「2.26事件と杉並」展収蔵資料展「家族で語ろう 昔のくらしと今のくらし」、旧篠崎家住宅主屋で3月の年中行事「桃の節供」が開催されていました。ノートルダム清心女子大学の学長を務められた渡邉和子氏が、2.26事件で父が殺害された場面を目撃されたことは知っていますが、それに関連する展示があり、考えさせられました。その気持ちを「桃の節供」のお雛様がほぐしてくれました。

続きを読む


スクリーンスタンドの製作 [2. 道具(AV機器)]

DSCF9591-20170218s.jpg

 以前のblogでボランティア活動の勉強会で私のプロジェクターとスクリーン SBSR-100PROG(サイズ:100インチ、手動巻き上げタイプ、幕面仕様:スーパーグレインビーズ190PROG、有効寸法:203.2 × 152.4cm、梱包時質量:約9kg、KIKUCHI)を使用し、スクリーンスタンドの必要性を感じました。そして自作を検討したのですが、「喉元過ぎれば・・」で放置していました。それから約1年、また、勉強会でスクリーンを使用することになり、スクリーンスタンドの製作にとりかかりました。

続きを読む


ファーブルフォトとデジタルカメラクイックII(VIXEN) [2. 道具(カメラ)]

DSCF6792-20161225s.jpg

 私の携帯型実体顕微鏡『ファーブルフォト』(Nikon)と所有するCOOLPIX P330(Nikon;43mmフィルターネジ対応に改造)との接続は以前のblogのようにCOOLPIX P5100用に入手していたコンパクトデジタルカメラブラケットFSB-6ステップダウンリング43.5→43(八仙堂)を組み合わせることで実現できました(写真上)。
 FSB-6は生産完了で在庫払底となっている製品でこれがなければ「COOLPIX P330とはNikonのデジスコーピングシステムの中から準汎用型 コンパクトデジタルカメラブラケット FSB-UC(写真下)を入手して接続」となっていました。

続きを読む


私の双眼鏡たち [2. 道具(その他)]

DSCF9515-20170212s.jpg
左より:アスコット ZR 8×42WP (Vixen)、Papilio II 6.5x21、Papilio 6.5x21(Pentax)、KD21-8S(KOWA)、8x23CF(Nikon)

 私の双眼鏡の歴史は知人のバードウォッチングに刺激されて購入した8x23CF(Nikon)に始まりました(小学生時代の玩具の双眼鏡を除く)。そして現在、上の双眼鏡たちが手元にあります。アスコット ZR 8×42WP (Vixen)は星見用、Papilio II 6.5x21とPapilio 6.5x21(Pentax)は博物館・美術館と自然観察用、8x23CF(Nikon)は相変らずバードウォッチング用。「双眼鏡は用途により使い分ける」が何となく実感として判ってきました。そして手で双眼鏡を支えることを考えると倍率は8倍位までが使いやすく、重い双眼鏡は携行するのに気合が必要なことも実感しています(アスコット ZR 8×42WPをバードウォッチングに携行する根性はありません (^_^; )。
 以前のblogで書いたように建物外が明るくて裸眼では瞳孔反射で室内が見えない場合に双眼鏡で室内を拡大して切り出すことで室内の状況を見ることができたり、裸眼では前方の明るい部分に目の焦点があって奥の暗い部分に焦点が合わない場合に双眼鏡のフォーカスを奥に合せることで奥のものが識別できるようになるなど、単に拡大するだけでなく、使い方次第で見えないものを見えるようできる道具であることも学びました。
 なお、「常時携行するのに小さくて便利そう!」と衝動買いしたKD21-8S(KOWA)、暫らくデイパックに入っていましたが、やがて「荷物を減らそう」で休眠状態・・。禁、衝動買い  (^_^;

続きを読む


東京マラソン2017(2017年2月26日) [3. 記事]

DSCF9526-20170214s.jpg

 大手町駅の連絡通路で上の東京マラソン2017のポスターが目に入りました。昨年までのマラソンのコースは「東京都庁~飯田橋~皇居前~日比谷~品川~銀座~日本橋~浅草雷門~築地~豊洲~東京ビッグサイト」でしたが、今年は「東京都庁~飯田橋~神田~日本橋~浅草雷門~両国~門前仲町~銀座~高輪~日比谷~東京駅前・行幸通り」に大きく変わりました。「開業の目処のたっていない豊洲市場が東京ビッグサイトに近いこともコース変更に関係あるのかな?」です。

続きを読む


前の10件 | -